“先入観がヤバイ” 「地域のリアル」トークセッションで。

Tip*s「地域のリアル」トークセッション2016.05.13

 

昨日(2016.5.13)、東京・丸の内「Tip*s」で行われた【「地域のリアル」トークセッション】に参加してきました。

岡山県西粟倉村に移り住み、家具工房「木工房ようび」を営む大島正幸さんが登壇。
その大島さんが発した「先入観がヤバイ」という言葉。
ズンと心に響きました。

大島さんがつくるのは、ヒノキの家具です。
ヒノキは木の性質上、家具には向かないそうですが、大島さんがそれを打ち破ってしまった。
西粟倉村は、人口1600人足らず。林業が主となる産業です。村の山林はそのほとんどがスギとヒノキで、だからそれを使った(数年間の試行錯誤があったそうですが)のですが、その結果、村の人々に当たり前のようにあった、林業は儲からない。という考え方をも変えてしまった。

「先入観がヤバイ」。
私の仕事も先入観というサングラスを外して事と向き合うことが大事なのですが、大島さんの話を聞いて、そのことをめちゃめちゃリアルに感じた次第。
でも仕事だけじゃないですよね。
身の回りのことを考えるとき、自分の生き方について考えるとき、人と付き合うとき、「先入観がヤバイ」です。

「先入観」は、可能性を縮めてしまいます。
新しい価値を生み出すために、まず対峙すべきは、己の中にはびこる「先入観」です。

Tip*s「地域のリアル」トークセッション2016.05.13
http://tips.smrj.go.jp/event/20160513tiikinoreal/
西粟倉村
西粟倉村
By Mti投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=19290472

 

大島さんが代表取締役を務める「木工房ようび」は、2016年1月23日、火災で全焼してしまいました。
現在、工房再建中です。
詳しくは、こちらをご覧ください。
木工房ようびの家具を「買って応援する」ECサイトもあります。

Pocket
Share on LinkedIn

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です