•  

Mission ミッション

“らしさ”を際立たせる。
愛してもらう。

どの会社にも地域にも、どの人にも、どの商品やサービスにも、
人に知られず埋もれたままになっている魅力があるはずです。
レイントレインは、
そんな眠っている魅力を見つけ出し、
“らしさ”という、強力で揺るぎない武器をつくりあげていく、
ブランディング&クリエイティブ・ブレーン。
“らしさ”(個性)を持ち味に活動したいと考える方々の
頼れるパートナーとして、どこまでもサポートします。

“Self-Portrait with Striped Shirt”, 1910, Egon Schiele, Public Domain

Service サービス

“らしさ”プロデュース。

レイントレインは、
会社や地域、個人の魅力を掘り起こすことから、
“らしさ”を形づくり、発信していくことまで、
トータルでプロデュース。
コンサルティングやコンセプトワーク、デザインや「言葉」の力で応えます。
レイントレインは、あなたの“らしさ”を際立たせ、
“らしさ”を愛してもらうための仕事をします。

企業・地域・個人の
魅力・価値開発

自身を知ることで可能性が開けます

あなた自身の魅力を教えてください。あなたの会社の、あなたの地域の魅力って何でしょう?あなたの扱う商品の魅力とは?
そう問われて、明快に答えられる方は意外と少ないものです。

レイントレインは、あなたのこれまでの歩みや願望、価値観や哲学、想いなどを深掘りし、魅力を浮かび上がらせ、パーソナリティーを明らかにします。

従来の枠、先入観、思い込みから自由になって、自分だけでは気づきづらかった魅力を発見しましょう。
魅力に気づくと、あなたらしい活動や行動をとれるようになります。視野が広がり、未来への可能性が開けます。自身を客観視でき、振る舞いに自信を持って歩み出すことができます。強みやウリもつくりやすくなりますよ。

魅力を見つけることは、現状打破ためのきっかけとなります。

ご提供内容

  •  企業・地域・個人の魅力・価値開発コンサルテーション・カウンセリング
    ・魅力や価値の把握、整理
    ・強みやウリの発見
    ・現状打破の契機づくり・モチベーションアップ
    ・自分らしい生き方の実現への足掛かり

このような方に

  •  起業家、士業、フリーランスなど個人事業主の方
  •  中小企業・店舗経営者、地域活性・観光施策に取り組む方
  •  就職活動、面接対策、キャリアアップ、自己実現を目指す方

理念・ビジョン
世界観構築サポート

想いを理念に、ビジョンに、
そして世界観に

人々にどのようになってほしいのか(どんな価値を提供したいのか)、それはなぜか、あなたがそれを提供する意味は……?
「想い」こそ、“らしさ”の源泉です。
レイントレインは、想いを理念やビジョン、世界観に昇華させるお手伝いをします。

理念やビジョンは、会社や事業主のあるべき姿や存在意義、社会的価値を明確にします。そして、“らしさ”を形づくる世界観の素となります。

理念やビジョンで裏打ちされた世界観が、商品やサービス、デザインや空間、あなたの活動や行動を通して人々の心を捉え、独自の耀きを放つように―
それによって、あなたが、あなたの会社が、あなたの商品が、人々にとってなくては困る存在になるように―
自分ごとのように考えるのが、レイントレインの真骨頂。そこまで考えてこそレイントレインのブランディングです。

ご提供内容

  •  企業理念・ミッションステートメント、ビジョン及び社名作成支援
  •  世界観構築支援
  •  アイデンティティ戦略(CI)
    CIの社内浸透、共有支援(インナーブランディング)
  •  視覚的表現の統一(VI)支援
    ロゴタイプ・シンボルマーク・イメージカラー等プロデュース

プランニング
デザインプロデュース

コンセプトなきデザインは、
デザインとはいいません

デザインワークでは、カタチや見た目を考えること(設計)をプランニングととらえるむきがありますが、レイントレインは、コンセプトをどのように展開発展させるかを考えることがプランニングであると思っています。

たとえ、デザインを導くためのコンセプトであっても、理念やビジョン、世界観などのバックグラウンドに目を向け、コンテクスト(文脈)の中でコンセプトを立てていくのが、レイントレインのやり方です。

デザインは世界観を表現します。
デザインは“らしさ”を伝えます。
デザインはコンセプトを媒介します。

ですから、ものをつくるまえに、コンテクストに沿ったコンセプトを練るのです。それは、論を俟たないこと。コンセプトはデザインの母なのですから。
レイントレインは、コンテクスト&コンセプトファースト(第一主義)を貫きます。
それが、レイントレインの“らしさ”です。

ご提供内容

  •  コンセプト開発およびプランニング
    ・Web、広告・プロモーション
    ・地域活性・観光施策
    ・商品・サービス、店舗・空間
  •  デザインプロデュース
    ・Webサイトデザイン
    ・グラフィックデザイン
    ・店舗・空間デザイン
    ・プロダクトデザイン
  •  コンセプト診断
    既存商品やWebなどのコンセプトを見返して、戦略の修正や見直しを支援

コピーライティング

想いや方針などを
刺さる「言葉」で伝えます

練られたコンセプトから生まれる言葉には、力があります。
キャッチフレーズ、スローガンといったコーポレートメッセージ、商品などのネーミング、購買意欲を刺激するキャッチフレーズ……。
アイデンティティや想い、方針などを「言葉」化して発信し、内外に示すことはたいへん重要です。
コンセプトに裏打ちされたコトバは、人々の共感を呼び、気持ちを動かします。

ご提供内容

  •  ネーミング、キャッチフレーズ、企業スローガンなどの作成
  •  Webサイト、パンフレット・会社・学校案内・各種広告コピーライティング

Works 実例ピックアップ

これまで手がけたもののなかから

Web
Graphic
Direction

ウェブ、印刷物など
クリエイティブワーク

 山小屋 / トータルコンセプト

ころぼっくるひゅっては、1956年、未開の地だった高原に、人力で資材を運ぶなどして建てられた山小屋である。
現在は観光道路を利用して簡単に訪れることができるため、ドライブの途中で喫茶を利用する人々でにぎわうが、一方で小屋では常連以外の宿泊客の数が伸びないことに悩んでいた。

コンセプトを導くにあたっては、山小屋の「当たりまえ」について問い直すことから始めた。
ころぼっくるひゅってが山小屋であることを知らない人や、そもそも山小屋とはどんな宿泊施設なのかわからない人にとって、山小屋のシンプルなサービスはどう響くのか?快いものではないのか?
当たりまえを当たりまえとして済ましてしまわず、しっかりと掘り返すことでウリに変える。このことをコンセプトづくりのコンセプトとした。

コンセプトワード

不便は贅沢。

不便さこそ山小屋の「もてなし」であるというスタンスで、ホームページには、ころぼっくるっひゅって流ホスピタリティーを表現するページを設けた。

ころぼっくるっひゅって

ころぼっくるひゅって ウェブサイト

 オンラインショップ / トータルコンセプト

立ち上げ時の取扱商品は、オートバイのヘルメットに装着するアクセサリー1アイテム(10バリエーション)のみ。
趣味性・娯楽性が強く、機能性・実用性に乏しい商材、ショッピングサイトとしては品揃えが薄い、という状態からの出発だった。
そこで、モノを訴求するのではなく、このような商品を扱うショップのマインド~「遊び心」を全面的にアピールすることにした。
商品よりも世界観への共感を図ることで、シンパ・ファンを育成し、「遊び心」を売るショップとして認識・認知を図ることとした。

コンセプト

モノを売るのではない。遊び心を売るのだ。

遊び方を提案する趣向を凝らしたコンテンツを多く設け、遊び心あふれる世界を築いてユーザーを刺激。

ブロックはもっとやさしくなれる。

コンクリート製品開発製造会社
企業キャッチフレーズ

 コンクリート製品開発製造会社

地球環境への意識が高まるなか、護岸や擁壁に用いるブロックなどのコンクリート製品は、機能を損なわずして、どう環境との調和を図るかを求められていた。
コンクリート製品も環境製品であるという考え方にシフトし、自然環境に配慮した製品を考案していくうえで、クライアントは新たな事業マインドや開発理念を映すスローガンを必要としていた。

企業キャッチフレーズ(コーポレート・スローガン)

ブロックはもっとやさしくなれる。

人や環境に配慮する企業姿勢や開発理念を表すキーワード「優しさ(kindness)」は、施工方法のキーワード「易しさ(easy)」とリンクする。
施工方法の簡素化により、現場での生コンクリート使用が少なくなるもしくは不要になるため、環境へのダメージを最小限に抑えられるからだ。
そこで、「優しさ(kindness)」は「易しさ(easy)」連関するという意味を込め、「やさしく」という言葉を用いた。
また、「さらにできるはずだ」という、現状に満足せず挑戦し続けようとする意志を込めるため、「もっと」と「なれる」を使い、「もっとやさしくなれる」とした。

毎日の生活に安心のひとしずく。

エッセンシャルオイル輸入販売会社
トータルコンセプト

 エッセンシャルオイル輸入販売会社 / トータルコンセプト

クライアントが扱うエッセンシャルオイルは、医療(メディカル・アロマテラピー)に使用できるほど高品質なものである(フランスなどでは医療にアロマテラピーを取り入れることが根付いている)。
そこで、「メディカル・アロマテラピー」をキーワードに、高品質の意味を再編集。「安全で安心」という意味づけをし、日本ではなじみの薄かった芳香浴以外の用途~日々の心身のケア・メンテナンスに資するという視点で商品を捉え、コンセプトを導いた。

コンセプトワード

毎日の生活に安心のひとしずく。

 鍼灸院 / プロモーションコンセプト

性別問わず幅広い年代層の患者さんが施術に訪れるが、この鍼灸院は、不妊症や妊娠・出産のトラブル、更年期障害など、女性疾患の治療に強かった。
鍼灸治療は人が本来持っている自然治癒力を活性化させるため、身体にかかる負担が少ないうえ、心神も癒し落ち着かせる。
そこから、女性の「生命を宿し育てる力」、「社会で働く力・主婦として働く力」を「女性力」という言葉に収れんさせ、からだの疾患の改善(自然治癒力の改善)は、「女性力」の向上につながるという考え方を導いた。
ホームページなどのプロモーションツールでは、このコンセプトワードがそのままキャッチフレーズとして用いられた。

コンセプトワード

鍼灸治療で女性力を高めましょう。

児童書のテーマパーク

出版社ホームページ
ウェブサイトコンセプト

 出版社ホームページ / ウェブサイトコンセプト

「出版点数に比べて書店の棚に並ぶ本はわずか」という問題点に着目。クライアントは初めて自社サイトを持つということだったが、「会社案内然としたサイトをつくるのではなく、ユーザーが本と出合える“場”をつくる」考え方を提案した。
短期的な目的は、書店に並ばない本とユーザーとの接触機会を増やし、購入動機を刺激すること。そして、ロングセラーなど書店で手に入れやすい人気の本についても、版元ならではの深い情報を提供して購入意欲の向上を図ること。
長期的な目的は、ファン(カスタマー)の育成である。このサイトにしかない情報を提供することで、ファン心理を醸成し、ロイヤリティーを高めることを狙いとした。

こうした考え方に基づき、児童書ならではのフレンドリーで楽しさ溢れる世界を構築。「発見」をキーワードに、コンテンツと邂逅する楽しさを大切にし、遊ぶ感覚で本の情報を入手できるよう、さまざまな切り口のコンテンツを用意した。

コンセプト

児童書のテーマパーク

・絵や言葉づかいがおもしろく、いろいろなしかけも楽しい丁寧な作りのサイト。こういうサイトはありそうに思えて、実はあまりない気がします
・タイトルどおり、まるで遊園地のような楽しさ満載です!
(出版社サイトにリンクをしていたユーザーの紹介文より)

rain T rain
レイントレイン

代表
芦田 潤 Jun Ashida

コンセプター、プロデューサー、コピーライター

故・今村昌平監督主宰 横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)で、ドキュメンタリーを学び、卒業後は映画「ゆきゆきて神軍」の制作に関わる。
1989年からはクリエイティブ業界で、広告とWeb制作(プロデュース、ディレクション、プランニング、コピーライティング)に従事。クライアントは、個人事業主から、NTT、ベネッセコーポレーションなどの一部上場企業まで。
既成概念にとらわれない発想と、ドキュメンタリー仕込みの本質を追求する手法で、企業・地域・個人の魅力を見い出し、ブランド化の支援にあたる。
1966年生。

 Policy

無理に売るな、客の好むものも売るな、客のためになるものを売れ

近江商人の商売の心得のひとつ。レイントレインの商訓でもあります。

ブランディング・ポリシー

 リピーターでなく、ファンをつくる。
 無難であるより、ワケありであろう。
 競争より、固有の輝きを。
 ニーズを満たすものより、心ときめくものを。

 Data

  • 名称:
  • レイントレイン rain T rain
  • 業務内容:
  • ・魅力・価値開発(企業・地域・個人・商品)
    ・ブランド構築支援(企業・地域・個人・商品)
    ・コンセプト開発・診断
    ・プランニング&デザインプロデュース(Web、広告・プロモーション、地域活性・観光施策、商品・サービス、店舗・空間等)
    ・コピーライティング
  • 登録・会員:
  • ・公益財団法人 東京都中小企業振興公社 
    ・たましん法人総合サービスBOB
    ・サイバーシルクロード八王子 (八王子市と八王子商工会議所連携の産業活性化組織)
  • 所在地:
  • 本拠地 / 東京都府中市 ブランチ / 長野県諏訪市
  • ※個人事務所のため住所は公開しておりません。
  • 連絡先:
  • 042-319-9174(本拠地)
  • SNS:

“Self-Portrait with Striped Armlets”, 1915, Egon Schiele, Public Domain

Topics トピックス

 

トピックス

8月4日(水)、セミナーを行うことになりました

2016.06.12 new

セミナー開催! 

2016年8月4日(水)15時~17時、東京・多摩センターにて。
お申込みは、こちら
https://www.bob-net.jp/general/pdf/20160804.pdf
後日もう少し詳しい情報をアップします。

情報誌「たまNAVI」で紹介されました

2016.04.26

情報誌「たまNAVI」で、レイントレインが紹介されました 

多摩信用金庫さん発行の情報誌の取材を受け、紹介記事が掲載されました。

Tip*s第2回 地域のサードプレイスを考える「しぇあひるずヨコハマ」

2016.06.09 new

地域課題の本質を探りに 

【第2回 地域のサードプレイスを考える~神奈川県「しぇあひるずヨコハマ」荒井聖輝さんの取組から~】に参加しました。

Tip*s「地域のリアル」トークセッション

2016.05.14

“先入観がヤバイ” 「地域のリアル」トークセッションで。 

【「地域のリアル」トークセッション】に参加しました。

2016.04.28

レイントレイン縁起 その壱 

けっこう人に聞かれるのが、レイントレインと名付けたいきさつやその意味です。
今回は、そのいきさつについて。

モスフードサービス櫻田氏の講演

2016.04.26

戦略の中身より大事なもの 

去る4月13日、モスフードサービスの会長兼社長の櫻田氏の講演を聴いた。

Contact お問い合わせ

お問い合わせフォーム

思い立ったが吉日です。お気軽にお問い合わせください。

お名前は入力必須項目です

ふりがなは入力必須項目です

ハイフン付きで入力ください

メールアドレスは入力必須項目です

メッセージ内容は入力必須項目です